Prologue

 

17歳で一生治らない病気になった。
苦しくて悲しくて助けてほしいとき、
誰に頼ったらいいかわからなかった。
まるで砂浜の小さな小さな粒のように、世界に人は溢れている。
その中で私をリードしてくれる人を探すのは難しかった。
私は不妊鍼灸を通して数々の女性と出会い、たくさんの笑顔と涙を見た。
だから私は砂浜でキラキラ光る人になりたい。
私はここにいるよ、と。
どこで誰が見てもわかるように。
今もまだ苦しみ悲しむ人たちへ。
SAKURACOCO 私はここにいる。

 

リンパ浮腫と私

〜 あの日の私は悲劇のヒロインだった 〜

17歳で突然右脚がパンパンに腫れ、靴も履けなくなった。
原因は不明。
お医者さんには「治りません。一生付き合ってください」と言われた。
あの時は「なんで、私が?」と、ドラマでも見ているような気持ちだった。
太く腫れ上がっていく脚が醜くて嫌いで、自分の脚を隠す癖ができた。
神様は意地悪で、私は悲劇のヒロインだと思っていた。
でも私は今、ここで笑っている。
この太い完璧じゃない病気の脚が大好きになった。

続きを読む続きを読む

Think You 「鍼 灸」

〜 あなた想う ゆえに我あり 〜

命が生まれる事はとても当たり前で、とても簡単な事だと思っていた。
でも命が尊くて、儚くて、そして美しいということを、
不妊鍼灸を通じてたくさんの人に教えてもらった。 
私にはそれを伝える義務がある。そして支えるパワーもある。
女性が笑顔になれば世界は変わると本気で信じている。 

鍼灸マッサージ室

「SAKURACOCO」

鍼灸マッサージや、アロマの力で女性を笑顔にする。
女性の笑顔が増える事で男性や子どもたちも幸福度が増し、
それぞれに活躍することができ、
世界が一層、明るく元気になるように。 

 

さくらこ展 @ Instagram

私は絵を描くのが好き。
ただ純粋な衝動にまかせて、
形も完成も想像しない、答えも理由も見つけない。
夢を見るように夢中になって、世界に私しかいないかのように描き抜ける。



アメブロ

|     page up     |