Think You「鍼灸」

〜 あなた想う ゆえに我あり 〜 

命が生まれる事はとても当たり前で、とても簡単な事だと思っていた。
でも命が尊くて、儚くて、そして美しいということを、
不妊鍼灸を通じてたくさんの人に教えてもらった。 
私にはそれを伝える義務がある。そして支えるパワーもある。
女性が笑顔になれば世界は変わると本気で信じている。 

不妊鍼灸と子宝鍼灸


生時代はただ漠然と、「鍼灸マッサージを通して女性の味方になりたい」と考えていました。
そんな私が不妊治療に出逢ったのは、学校を卒業して最初に勤めた栃木県宇都宮市の鍼灸院でした。
そこでは、
不妊治療をする患者さんがほぼ9割を占めていました。私はその現状に驚きました。こんなにも赤ちゃんを授かりたいと思っている人がここにいるんだ、と。


不妊鍼灸・子宝鍼灸では、タイミング法をはじめ、人工授精(AIH)、体外受精(IVF)など、さまざまな方法で子宝を願う人のお手伝いを鍼灸でします。



灸は代替医療として最近注目されていて、病院やクリニックなどで拾いきれない心の調子や、小さな体の症状(冷えやこりなど)の体のチューニングを行うというイメージです。
私の働いていた治療院では、1人60分マンツーマンでじっくりと向き合って治療を行うので、

病院やクリニック等で質問できなかったことや、
不安に思ってること、
いま苦しいことや悩んでること、
そんなたくさんの心の話を聞く時間と、一緒に考えていく時間がありました。

私はこの時間が、とても大事だと思っています。

鍼灸マッサージでは、 闇雲に同じような治療を【機械的に】するのではなく、 その人の今日の体調、心調に 合わせて対応していくことができます。



幸せってなんだろう?

不妊治療というものは頑張ったら頑張った分結果が出るテストや試合のようなものでは決してありません。
 
頑張っても頑張っても望みが叶わない時もあります。
たとえ、叶う日が来るとしてもとても過酷でとても心の疲れる毎日でもあります。

だから、一緒に
「幸せってなんだろう?」

「なんで子供が欲しいんだろう?」
「子供がいないと幸せになれないの?」
「子供がいたら、どんな幸せなの?」
 

その人なりの、その夫婦なりの、答えをゆっくりじっくり考えなければいけない期間でもあります。

私の患者さんで子供ができず、離婚してしまった方もいました。

私自身もその人のために
一生懸命やったけれど、こうして離婚や流産など悲しい結果を聞くこともたくさんあります。
 

だから不妊治療は決してみんながみんな、頑張ったから結果が出るものではありません。だからこそ、夫婦二人の幸せを整理するお手伝いや、毎日変わる上がり下がりの気分の調整や、小さい不調や大きな体の不調の治療など、私がなにか一つでもできることがあれば全力でサポートして、さまざまな治療や、ステップを共に歩んでいけたらいいなと思います。



妊治療は
「出口の見えないトンネルのようだ」
よく患者さんは言っていました。

光が見えない闇のトンネルは暗く怖いものです。

だから私はたとえ出口が遠くても、
そのトンネルにイルミネーションを飾る。
そして、そのトンネルを出たときに、
苦しかったけど、 楽しかった」
良い思い出になった」
気付けた事がたくさんあった」

そんな時間を作っていきます。



クリックで拡大

「Baby 目印」

赤ちゃんたちよ、
私の周りには最高のママたちがいっぱいいるよ。
この絵を目印においで。